ブレッツ・クレープの特色は?

歴史を知ろう!フランス風クレープの歴史

毎年、フランスでは2月2日、「キリスト教のお祝いの日」、あるいは「キャンドルの日」を祝いします。もともと、聖母マリアのお清め儀式で人々がキャンドル(Chandelle)を灯して見守ったことに由来しますが、現在この日は、「クレープの日」としてフランス等では家族や友達と一緒にクレープを満足する日になりました。
クレープは発祥地のブルターニュ地方の誇りだと言っても良いでしょう。ブルターニュ方言で「ブレッツ」と呼ばれているブルターニュ地方はフランスの北西にあり、モン・サン=ミシェルより南にあります。今は自分の好みの食糧を付けて気楽に楽しめる食事ですが、地元の方は普段、りんごの発泡酒シードルを片手に、砂糖や塩バターキャラメルソースをつけて食べるのが定番です。
何百年もの間フランスを中心に大人気を得たフランス風クレープは、世界中でも広幅く普及していてトレンディになっています。

breizh-crepes-220-cook

breizh-crepes-220-complete

本場のフランス風クレープとは?

本場のフランス風クレープは、円形でフラット、薄いパンケーキで、フランス北西部のブルターニュが発祥の料理。 元になったのは、そば粉で作った薄いパンケーキのガレット (galette) という料理である。
フランスのクレープは巻いたり折ったりして、さまざまな材料を包み込んだラッパーとして食べる料理である。
フランスのクレープは、他の食品のラッパーとして使用されている調理済みバッターの種入れぬ、フラット、薄いパンケーキです。一般的に、クレープの生地に小麦粉、卵、牛乳、バター、塩、砂糖、水と油入れて作る場合が多いです。 つい最近まで、クレープは暖炉木材の火で加熱された大規模な鋳鉄製のホットプレート上で調理されていたが、 今はガスや電気加熱のホットプレートの使用によって作られることが多い。


何のクレップを作っていますか?

クレープは実は二つの種類に分けられています。一般的には「スイーツ=クレープ」、「食事系=ガレット」と思ってもらってもいいでしょう。
クレープというのは、小麦粉や砂糖を使用した生地の甘い料理です。フルーツやクリームをたくさん乗せたものや、バターやジャムを塗り、砂糖をかけただけのごくシンプルな食べ方でも満足できます。
の魚介類を使用したご飯として食べられる料理です。 ブレッツクレップでは、本場のガレットとクレップをタイに住んでいらっしゃるお客様にお届けできますように日々尽くしています。

breizh-crepes-220-3

プレスレビュー




配達

フランスのクレープ&ガレットもあなたのドアに配信される準備ができている! ブレッツクレープはあなたがバンコクに住んでどこに本格的なフランスクレープを供給するために3素晴らしい料理のデリバリー·プラットフォームで動作しません! だから、すぐにあなたの順序を置きます。



場所

80メートルの後右に、スアンプルーソイ8でブレッツクレープを探す
ミングルマンションちょうど反対


59/59 Suanplu Soi 8, Sathorn Tai Rd., Sathorn, Bangkok 10120
Tel: 02 679 33 93

breizh-crepes-free-parking

コンタクト

コメントや提案?
私たちを希望のいくつかの成分が私たちのクレープに追加するには?
または単にたくブックお気に入りのテーブル?
いつでも私たちをヒット!







459/59 Suanplu Soi 8, Sathorn Tai Rd., Sathorn, Bangkok 10120
毎日 午前11時から午後11時まで | お電話02 679 33 93

Jobs

breizh-crepes-job

You love working with foods, whether cooking them or serving them?
You want to see customers being satisfied by the quality of the dishes as well as the service?

ou have some experience in foreign cuisine or wanna learn how crêpes gonna be cooked and served ?

Contact us to join our team or our next branches!